SAWD – 【よくある質問】こんな疑問・質問・お問い合わせがありました!

いつもSAWDをご利用いただきありがとうございます。このページでは今までにお問い合わせいただいた疑問・質問とそれらへのご回答を掲載しております。気になる点やさらに深堀した疑問・質問がある場合は、こちらからお問い合わせいただくか、ページ下記のコメント欄*にお書きください。コメント返信にてお答え致します。また、現地提携校へのお問い合わせが必要であれば、お時間をいただきお答え致します。

*コメントを残す際はセキュリティのため、お名前(ニックネーム)とメールアドレスが入力必須になっております。メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。


Q. わたしには身体障害があり、日常生活に介助が必要です。そのヘルパーはどう見つけたらいいですか?また、アメリカで障害をもつ留学生がつかえるサービスはありますか?

A. どういう障害、どんな介助が必要か詳しく教えてください。病気や障害によって、現地の団体とコンタクトを取り、どんなサービスやサポートを使えるか聞いてみましょう。ヘルパーの探し方も教えてくれるかもしれません。また、私の経験で自分で見つける方法をお教えします。

Q. 有料でヘルパーをつけるとなると、金額が莫大になってしまう。それはどうしたらいいですか?また、現地とのやりとりがスムーズにできるほど私の英語力がありません。その場合どうすればいいですか?

A. ヘルパー探しは難航すると思います。個人で探す場合、介助料を支払う形ではなく、「家賃や食費を負担する代わりに助けてもらう」という方法でやるのも手だと思います。英語力がないのであれば、勉強しましょう。それは日本にいても出来ることはあるでしょう。厳しい言い方ですが、健常者の二倍も三倍も努力する気がないと留学自体難しいでしょう。語学があっても苦労する社会がアメリカです。ましてや外国人+障害者というハンデなので、自分で努力できることはしましょう。また、私の方でも現地とのやり取りをお手伝いいたします。

Q. 引っ込み思案で自分に自信がなく周りにどうみられてるかばかり気になってしまう性格なのですが、アメリカでやっていけるか不安です。

A. 世の中、自信がある人の方が少ないと、個人的には思います。私もそうです。でも、私の場合、周りにどう見られているかばかり気になって何も出来ない、何もしないのであれば、恥ずかしくても、頑張って自分を主張し、私はやりたいことをします。また、恥ずかしくても挑戦してみることで見えてくる世界もあります。そういう意味では、アメリカは個人の性格を受け入れてくれやすい社会だと思います。引っ込み思案が良くないと思うのであれば、変えていきましょう。性格を変えることは容易ではありませんが、変えようと努力することは出来ます。でも個人的には引っ込み思案もあなたの個性なので、そのままで良いと思いますよ。アメリカでもやっていけると思います。

Q. 聴覚障がいがありますが、学部留学を希望しています。行ける大学はありますでしょうか。

当センター提携校であるハワイ大学カピオラニコミュニティカレッジ(KCC)はいかがでしょう。KCCには、Kapi’olani Deaf Center(カピオラニ聴覚障害センター)があります。聴覚障がいの学生のためのAmerican Sign Languageのサービスやノートテイカーサービスもあります。

Q. KCCに通いたいと考えておりますが、障がいがあり、健常者のように1学期12単位を取れる自信がありません。学生ビザ(F-1)の規定で絶対1学期12単位を取らなければいけないのですよね?

ハワイ大学カピオラニコミュニティカレッジ(KCC)では、コース負荷の軽減(Reduced Course Load (RCL))というシステムがあります。これは、特段の事情があるとき、12単位/学期の授業を登録しなくても良いと認定されるシステムです。障がいがある場合、6単位/学期まで落とすことも可能です。また、特段の事情に、病気・健康状態RCL(Illness or Medical Condition RCL):健康状態において何かしらフォーカスする必要がある場合(病気・治療等)→医者の診断書必須ですが、診断書があれば、最大3単位/学期=1教科/学期まで落とすことも可能です。

 


上記に関するお問い合わせは下記のリンクからお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です