KCC – IEP(付属英語プログラム)、ESOL 94、ESL 100、ENG 100に関して

付属英語プログラム(IEP)とは?

KCCに留学生として入学する新入生は、入学基準英語試験(英語能力テスト)で、下記の基準の場合でも入学が認められますが、いわゆる条件付き入学という形で、付属英語プログラム(IEP: クラス名 ESOL 50、52、IS 54)を受講する必要があります。

  • TOEFL PBT400~499
  • TOEFL CBT97~172
  • TOEFL iBT32~60
  • IELTS 4.0~5.4
  • TOEIC 430~649
  • 英検準2級~2級A判定(2150点)未満
  • Duolingo 65~89

付属英語プログラム(IEP)は、アメリカの大学生と同様にクレジットプログラムの授業についていくためには、まだ英語力が未熟な学生に、英語力のみならず、クレジットプログラムの授業についていけるよう勉強する「大学準備コース」です。IEPの中身(クラス)は、ESOL 50、52、IS 54という3種類のクラスに分かれていて、それぞれを受講します。

ESOL 50とESOL 52

「The Civil Rights: history and groups:公民権:歴史・団体(黒人、女性、障害者、LGBTQ+など)」や「Civil Rights: character analysis through films:公民権:映画に見る人物分析」を学びつつ、英語力の上達を図り、クレジットプログラムの授業さながらの授業展開でクラスに慣れていきます。

IS 54

「Campus exploration:キャンパス探検」と言い、キャンパス内の施設紹介や施設の使い方などを学びます。

付属英語プログラム(IEP)は、2021年秋学期以降Rolling Admission(入学定員締切方式)になり、毎学期願書提出締切日は決まっているものの、その前に定員がいっぱいになると入学定員を予告なく締め切る場合があります。締め切った場合は、付属英語プログラム(IEP)に入れませんので、付属英語プログラム(IEP)入学を予定してる人は出来るだけ早くお申し込みください。

付属英語プログラム(IEP)受講後

付属英語プログラム(IEP)受講後、先生から合否判定をもらい、合格をもらうとクラス分けテスト(Placement Test)を受けられます。その結果によって、ESOL 92かESOL 94、もしくはESL 100/ENG 100に入ります。

KCCのクラス分けテスト(Placement Test)以外にESOL 94=英検2級A判定合格相当の英語力が示せる試験結果があれば、クラス分けテスト(Placement Test)に関係なくESOL 94に入ることも可能です。

ESOL 94、ESL 100、English 100とは?

KCCに留学生として入学する新入生で、入学基準英語試験(英語能力テスト)が下記の基準の場合(IEP免除レベル(クレジットプログラム(正規の単位のあるクラス)を受講できる)、英語クラスに関して、ESOL 94という段階からのスタートになります。英語のクレジットプログラムである100レベルの授業(ESL 100 or ENG 100)を取るためには、ESOL 94で先生から合格通知をもらい且つ成績がCR+である方法とKCC内のクラス分けテスト(Placement Test)で100レベルを受講可能となる方法の2種類です。

  • TOEFL PBT500以上
  • TOEFL CBT173以上
  • TOEFL iBT61以上
  • IELTS 5.5以上
  • TOEIC 650以上
  • 英検2級A判定(2150点)以上
  • Duolingo 90以上

ESL 100とENG 100の違いについて、どちらも同じレベルで卒業に必要なクラスですが、ESL 100はより留学生向けで、ENG 100はネイティブ向けです。また、KCC卒業後アメリカ本土の大学に編入希望の場合、ENG 100の方が別の大学に単位移行しやすくなっております。

ESOL 94

「Sustainability and the Environment:持続可能性と環境」や「Linguistics and Second Language Acquisition:言語学と第二言語習得」というテーマに沿って勉強します。

ESL 100

「Success in College:大学生活で成功する方法」というテーマに沿って勉強します。

ENG 100

ネイティブの学生とアメリカやハワイの文学について学びます。

留学新入生の入学後のルートに関しての動画

クラス分けテスト(Placement Test)

クラス分けテスト(Placement Test)は、基本的にKCCの図書館で受けられるAccuplacerという種類のクラス分けテスト(Placement Test)を受けますが、現在オンラインで受けられるEdReadyというクラス分けテスト(Placement Test)でも100レベルに決まれば、100レベルを受講可能ですが、その場合、ESL 100は受講出来ず、ENG 100のみになります。ESL 100を受講したい場合は、Accuplacer ESLというクラス分けテスト(Placement Test)を受けましょう。

上記に関するお問い合わせは下記のリンクからお願いいたします。

KCCの紹介ページはこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です