KCC – IEP(付属英語プログラム)、ESOL 94、ESL 100、ENG 100、クラス分けテスト(Placement Test)に関して

KCCの学校紹介ページはこちらです。

付属英語プログラム(IEP)とは?

KCCに留学生として入学する新入生は、入学基準英語試験(英語能力テスト)で、英検準2級(同等の他の英語試験でも有効)以上、英検2級A判定(2150点)(同等の他の英語試験でも有効)未満で入学が認められますが、いわゆる条件付き入学という形で、付属英語プログラム(IEP: クラス名 ESOL 50、52、IS 54)を受講する必要があります。

付属英語プログラム(IEP)とは、まだ英語力が未熟な学生に、英語力のみならず、現地大学生と一緒にクレジットプログラムの授業についていけるよう勉強する「大学準備コース」です。IEPの中身(クラス)は、ESOL 50、52、IS 54という3種類のクラスに分かれていて、それぞれを受講します。

ESOL 50とESOL 52

「The Civil Rights: history and groups:公民権:歴史・団体(黒人、女性、障害者、LGBTQ+など)」や「Civil Rights: character analysis through films:公民権:映画に見る人物分析」を学びつつ、英語力の上達を図り、クレジットプログラムの授業さながらの授業展開でクラスに慣れていきます。

IS 54

「Campus exploration:キャンパス探検」と言い、キャンパス内の施設紹介や施設の使い方などを学びます。

付属英語プログラム(IEP)は、2021年秋学期以降Rolling Admission(入学定員締切方式)になり、毎学期願書提出締切日は決まっているものの、その前に定員がいっぱいになると入学定員を予告なく締め切る場合があります。締め切った場合は、付属英語プログラム(IEP)に入れませんので、付属英語プログラム(IEP)入学を予定してる人は出来るだけ早くお申し込みください。

IEP教授「Guy Kellogg先生」にインタビュー

IEPについて詳しくお話いただきました。

付属英語プログラム(IEP)受講後

付属英語プログラム(IEP)受講後、先生から合否判定をもらい、合格をもらうとクラス分けテスト(Placement Test)を受けられます。その結果によって、ESOL 92かESOL 94、もしくはESL 100/ENG 100に入ります。

KCCのクラス分けテスト(Placement Test)以外にESOL 94=英検2級A判定合格相当の英語力が示せる試験結果があれば、クラス分けテスト(Placement Test)に関係なくESOL 94に入ることも可能です。

ハワイ現地で受けられる入学基準英語試験(英語能力テスト)

ハワイでも一通りの入学基準英語試験(英語能力テスト)が受けられますが、もちろん英検も受験可能です。英検は、インウェブアウト留学センター提携校のIIE Hawaiiが公式の英検の受験会場となっております。詳細はこちら(外部リンク)です。

KCC入学申し込み希望の方

ESOL 94、ESL 100、English 100とは?

KCCに留学生として入学する新入生で、入学基準英語試験(英語能力テスト)が英検2級A判定(2150点)〜英検1級未満(同等の他の英語試験でも有効)の場合、単位のあるクラスを取れますが、英語クラスに関しては、ESOL 94という段階からのスタートになります。その学生が英語のクレジットプログラムである100レベルの授業(ESL 100 or ENG 100)を取るためには、ESOL 94で先生から合格通知をもらい且つ成績がCR+である方法、KCC内のクラス分けテスト(Placement Test)で100レベルを受講可能となる方法、英検1級(同等の他の英語試験でも有効)を取得する方法の3種類です。

入学基準英語試験(英語能力テスト)が英検2級A判定(2150点)〜英検1級未満(同等の他の英語試験でも有効)で入学する留学生は、ハワイ入国後、履修登録する前にKCCの図書館で受けられるAccuplacer ESLという種類のクラス分けテスト(Placement Test)を受けることが出来ます。もしAccuplacer ESLの結果がESL 100から始められる十分なスコアを取れれば、ESOL 94をスキップ出来ます。ENG 100を履修したい学生はページ下部、「EdReadyについて」をお読みください。

また、入学基準英語試験(英語能力テスト)が英検1級(同等の他の英語試験でも有効)で入学する留学生は、英語クラスもクレジットプログラム=ESL 100〜スタートします。

ESL 100とENG 100の違いについて、どちらも同じレベルで卒業に必要なクラスですが、ESL 100はより留学生向けで、ENG 100はネイティブ向けです。また、KCC卒業後アメリカ本土の大学に編入希望の場合、ENG 100の方が別の大学に単位移行しやすくなっております。

ESOL 94

「Sustainability and the Environment:持続可能性と環境」や「Linguistics and Second Language Acquisition:言語学と第二言語習得」というテーマに沿って勉強します。

ESL 100

「Success in College:大学生活で成功する方法」というテーマに沿って勉強します。

ENG 100

ネイティブの学生とアメリカやハワイの文学について学びます。

留学新入生の入学後のルートに関しての動画

クラス分けテスト(Placement Test)

英語のクラス分けテスト(Placement Test)概要

英語のクラス分けテスト(Placement Test)について、英検2級A判定〜英検1級未満(同等の他の英語試験でも有効)の留学生は、ハワイ入国後、履修登録する前にKCCの図書館で受けられるAccuplacer ESLという種類のクラス分けテスト(Placement Test)を受けることが出来ます。もしAccuplacer ESLの結果がESL 100から始められる十分なスコアを取れれば、ESOL 94をスキップ出来ます

通常最初の留学新入生オリエンテーション(F1 check-in session)の後、KCCの図書館でAccuplacer ESLを受けるため、留学生はハワイに居る必要があります。学生はAccuplacer ESLを受けたい場合、KCC留学生用オフィス、Paul S. Honda International Center(HIC)に連絡する必要があり、学生アシスタントがAccuplacer ESLの受験方法を説明します。さらに細かい手順に関しては、最初の留学新入生オリエンテーション(F1 check-in session)でHICスタッフが説明します。

英語のクラス分けテスト(Placement Test)は、Reading(1時間)とWriting(1時間)です。Readingは文法について複数の選択問題が出され、Writingは与えられたトピックについてエッセーを書く方式です。英検2級A判定〜英検1級未満(同等の他の英語試験でも有効)で入学し、ESOL 94をスキップしたい場合は Placement Test を受けることお勧めします。

留学生が受けるクラス分けテスト(Placement Test)は、基本的にKCCの図書館で受けられるAccuplacer ESLという種類のクラス分けテスト(Placement Test)ですが、現在オンラインで受けられるEdReadyというクラス分けテスト(Placement Test)でも100レベルに決まれば、100レベルを受講可能です。ただし、その場合、ESL 100は受講出来ず、ENG 100のみになります。ESL 100を受講したい場合は、Accuplacer ESLを受けましょう。

EdReadyについて

留学生は、現在オンラインで受けられるEdReadyというクラス分けテスト(Placement Test)でも100レベルに決まれば、100レベルを受講可能です。ただし、その場合、ESL 100は受講出来ず、ENG 100のみになります。ESL 100を受講したい場合は、Accuplacer ESLを受けましょう。

EdReadyは、オンラインで受けられる英語のクラス分けテスト(Placement Test)で、入学決定後、日本に居てもこちらからアカウントを作成し受験出来ます。詳細は下記のチュートリアルをご視聴ください。

数学のクラス分けテスト(Placement Test)について

数学のクラス分けテスト(Placement Test)についてご説明致します。数学のクラスを履修するためには、数学のクラスの履修登録する前に数学の Placement Test を受ける必要があります。Placement Test はEasy、Medium、Hardに分けられていて、受けるテストのレベルは自分で選ぶことができますが、留学生はMediumかHardがお勧めです。理由は、レベルが低いほど問題文の文字が数字より多く、理解が難しい場合があります。


上記に関するお問い合わせは下記のリンクからお願いいたします。

卒業までの大まかな留学費用

授業料のみならず、卒業までの大まかな留学費用は下記の画像リンクをご確認ください。

KCCインウェブアウト奨学金

インウェブアウト留学センターでは、KCCにご入学の留学生向け給付型奨学金制度を独自に作りました。「KCCインウェブアウト奨学金」は、インウェブアウト留学センターを通じてUniversity of Hawaiʻi – Kapiʻolani Community College(ハワイ大学カピオラニコミュニティカレッジ)=KCCにご入学される留学新入生が対象の給付型奨学金制度です(インウェブアウトオリジナル奨学金制度)。

入学時に1回、少額で、人数も限られておりますが、少しでもKCCに入学される将来有望な留学生のためになればと考え、作りました。奨学金を受け取れる人数より留学新入生が多い場合は、抽選となります。

KCCインウェブアウト奨学金の申込は、付属英語プログラム(IEP)への入学者も対象です。


KCCの紹介ページはこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です