銀行関係

カード社会のアメリカにおいてキャッシュカードに付随するデビットカードは必須です。また現金を持つことに躊躇する人も多く、現金はあまり使いません。ほとんどの人が持っていても通常$15前後でしょう。

また、当サイトの「外貨両替及び海外送金に関すること」ページも同時にご参照ください。長期留学の場合は海外送金に関しての知識もある程度必要です。

アメリカ留学中、銀行口座を開設すべきか?

どのようにして生活するかによります。結論から言うと開設したほうが何かと便利ですし、口座開設自体は、そんなに難しくはないので、作ってみるのもいいでしょう。ただし、維持費がかかるので、そういう部分も下記を読み検討しましょう。

日本でクレジットカードを作り、それを留学中ずっと使い続ける。

留学期間が短期であれば、この方法が良いかもしれません。少額の現金を使わなければならないときもあるので、渡航時に多めの現金を持っていき、基本はクレジットカード、必要な場合は現金。それでも現金が足りない場合はクレジットカードでキャッシング(ただし手数料が高い)。

海外ATMでも使える日本の銀行のキャッシュカードで現金を出金しながら生活する。

渡航前に日本の銀行で「アメリカでも使えるキャッシュカード」を手に入れ、それをそのままアメリカで使う。ただし、手数料が高いので、こまめに出金するのは、特に長期の留学では、あまりお勧めしません。

銀行口座を開設し生活する。

渡航後現地の人と同じように銀行口座を開設し、現地の人同様生活するのが実は一番お得で、便利です。口座は簡単に開設できます。滞在期間が短くても開設しておくと何かと便利です。

アメリカは日本と違い口座維持費を取る銀行が多いのですが、「学生なら管理料を無料」や「$2,000入れておくと無料」などもあるので、確認しましょう。

銀行口座開設に必要な書類

銀行によって違いはありますが、基本的なものは下記です。

  1. 身分証明書(パスポート、State IDなど)
  2. I-20
  3. 在学証明書
  4. アメリカ国内の住所

日本で作ったクレジットカードがあると信用の一つにもなるため、短期(特にビザなし)の場合は、持っていくと良いでしょう。I-20 がないビザなし留学の場合は銀行開設が難しいということも聞きますが、実際は作れるという話ですので、トライしてみる価値はあります。また、ハワイの銀行は日本の住所でも良い場合もあります。

キャッシュカードに付随するデビットカード

最近日本でも増えているデビットカード。銀行口座を開設し、キャッシュカードが届くとクレジットカード会社のマークにデビットカードと書かれた部分があります。それをお店で使うと、現金で支払うのと同じように使った瞬間に口座の中から支払われます。クレジットカードと似ていますが、決定的に違う部分は、

  • お店で支払うと同時に、銀行口座からお金が引き落とされること
  • クレジットカードのようにポイント還元がないこと

です。それ以外はクレジットカードと同じ使用方法。クレジットカード払いができるお店でデビットカードでも支払いができます。これが凄く便利で、というか、アメリカではほとんどのお店でクレジットカード払いが出来るので(出来ないお店の方が少ないような?)、持つべきです。また、日本のようにカード払いができないお店があることを心配しなくても大丈夫です。

パーソナルチェックとは

通常口座開設時に申し込むともらえる、現金に代わる小切手、Check です。日本人からしたら「小切手」と聞くとお金持ちが持つイメージですが、アメリカでは誰でも持っていて、大きいお金のやり取りや家賃の支払い、スカラーシップ(Scholarship)の受け取りなど、使う機会が多いです。

パーソナルチェックの使い方は、日付、支払相手名、支払い金額を記入し、自分のサインをして支払います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です