留学中のアドバイス・情報編

慣れない海外生活の中で、生活するための情報が不足することはもちろん、うまくコミュニケーションが取れないことなどから、様々な戸惑いや不安もあることでしょう。経験者の立場からアドバイスを含め、下記にいくつか情報を記載します。

留学初期:まずはこれをやろう!

アメリカに学生ビザで入国できるのは、I-20に記載されている授業開始日の30日前からですので、とにかく渡米後に何でも決めたい・やりたい方や経済的に余裕があったり、勉学に励む前に現地を少し知っておきたい方は、2、3週間前に入国することをオススメします。授業が始まる前に、生活を整えましょう。

留学先の学校を訪れる

授業初日に初めて学校を訪れることに全く問題はありませんが、時間に余裕があれば、事前に訪れることをオススメします。これからあなたがどういう学校に通うかはもちろん、学校の雰囲気やこれから何かとお世話になるオフィススタッフとの顔合わせ、通学手段、初日までにやるべきことで忘れていることなど、気付くことがいっぱいあると思います。また、学校内の掲示板やスタッフとの意見交換の中で、留学中に必要な情報をほとんど手にいられるでしょう。もっといえば、わからないことがあれば、何でも聞いてみましょう。留学初期は学校があなたの一番の味方になります。

予防接種

ハワイ留学では、ツベルクリン検査やMMR(麻疹・おたふく風邪・風疹の三種混合)などの予防接種を必須としている学校が多くあります。渡航前に予防接種を受ける方法もありますが、一番簡単なのは現地ハワイの病院で受ける方法です。早めに入国し、授業開始日までにハワイの病院で予防接種を受けましょう。予防接種に関しての詳細はこちらをご確認ください。

銀行開設

どのようにして生活するかによります。結論から言うと開設したほうが何かと便利ですし、口座開設自体は、そんなに難しくはないので、作ってみるのもいいでしょう。銀行に関しての詳細はこちらをご確認ください。

留学中期以降:お友達をいっぱい作ろう!

お友達作り

生活も落ち着き、学校が始まっていくと世界中からあなたと同じように来た留学生に出会えると思います。大学や専門学校に通えば、現地の学生との出会いもあるでしょう。たくさんの人々と出会い、交流を深め、いっぱいお友達を作りましょう!お友達はかけがえのない存在です。時には助け助けられる一番の味方になるでしょう。

カウンセラー・アドバイザー

大学に通うと留学生用オフィスや学部オフィスなどに、カウンセラーやアドバイザーと呼ばれる相談員がいます。彼らは学生の学習面や生活面のサポートに当たっています。

インウェブアウト留学センター提携校のUniversity of Hawaiʻi – Kapiʻolani Community College(カピオラニコミュニティカレッジ)=KCCでは、日本語や韓国語、中国語を話せるバイリンガルスタッフもいますので、学校のことや授業の取り方、学位、将来のことだけではなく、日常生活で困ったことやパーソナルでプライベートなことでも気軽に相談をすることができます。

University of Hawaiʻi
Kapiʻolani Community College(カピオラニコミュニティカレッジ):KCC
ハワイ大学に進学しよう!KCC入学申し込み希望の方

アルバイト

基本的に学生ビザでの就労はできませんが、大学が認めれば週20時間までキャンパス内(On-Campus)働くことが可能です。インウェブアウト留学センター提携校のUniversity of Hawaiʻi – Kapiʻolani Community College(カピオラニコミュニティカレッジ)=KCCでは、時給は約$10(2020年現在)。また、卒業後に職業訓練として OPT を使いキャンパス外で働くことができます。

生活に必要なポイントを押さえよう

最後に…生活をする上で必要なポイントを押さえましょう。最寄りのスーパーマーケット、バス停、病院、銀行、美容院、そして何かあった時に頼れる方などです。また、メインは学業ですが、息抜きに楽しみも忘れずに!映画、本屋、スポーツ、小旅行、ツアー、ハワイであれば、サーフィン、トレッキング、スキューバ、などなど、楽しいこともいっぱいです。

留学生活を楽しんでください。想像以上の素晴らしい体験と時間があなた待っています!


留学中のアドバイス・情報編リスト

ワークスペース内の留学中のアドバイス・情報編のリストもご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です