海外旅行(留学)傷害健康保険加入

留学する際の海外旅行(留学)傷害健康保険への加入は必須です。大学だけでなく、語学学校に留学するときも、保険の加入証明書の提出することが求められます。保険は留学期間や保険のタイプで費用は大きく違います。保険会社のサイトで自分に合ったものを選び、オンラインでの保険加入手続きをするとオンライン割引もあり、安い費用で加入出来ます。

アメリカでは医療費が非常に高く、救急車を呼ぶだけで1,000ドルを請求される、盲腸で100万円など、思わぬ事故や事件に遭う可能性もあるため、海外旅行(留学)傷害健康保険には必ず加入しましょう。

日本出発後に保険加入は不可

日本で入れる海外旅行(留学)傷害健康保険は、日本出発後に加入は出来ません。

大学の場合、現地保険費用の支払いが必要な学校もありますが、これはあくまで現地医療保険。急な腹痛や事故、怪我などの場合、まだ英語に慣れていない状態で病院に行き、状況を説明するのは難しく、また海外の医療費は非常に高額で、保険を適用する場合でも最初は自分で負担した後で、英語の申請フォームを記入、提出が必要です。

少なくとも留学初年度、英語に慣れるまでの間は、日本での海外旅行(留学)傷害健康保険へ加入がおすすめです。基本的に24時間の日本語対応、指定病院なら支払い不要で治療を受けられることがメリットとなります。

クレジットカードの付帯保険では長期留学に向かない

まず、クレジットカードの付帯保険では、ほとんどの学校が求める治療・救援費用・携行品損害・賠償責任などの補償額に届かないことがあり、十分ではありません。また32日以上の海外留学保険で補償されるクレジットカードはありません。

滞在期間延長の場合

予定した滞在期間より延びることがわかり、日本で入った海外旅行(留学)傷害健康保険の期間がオーバーした場合、現地から手続きを行えます。「必ず満期が過ぎる前」に更新手続きをしましょう。

歯科を入れるかどうか

海外旅行(留学)傷害健康保険のプランに歯科を入れるかどうかで、保険料が全然違います。歯科だけ入らず、ほとんどの日本人留学生は、留学前に日本で歯科治療を受け渡航する人が多いです。また一時帰国した際、歯医者に行き虫歯チェックと治療を行うことは留学生あるあるです。

心配な方は加入することをお勧めしますが、治療の範囲や費用が限られているという場合も多くあります。

Institute of Intensive English – IIE Hawaii
ビザあり・なしOK!歴史ある私立の語学学校に留学しよう!IIE入学申し込み希望の方

インウェブアウト留学センター提携校のカピオラニコミュニティカレッジ=KCCの場合

KCCでは、今まで留学生に対する米国内での医療保険に関して、健康や安全、また授業登録時の必須項目として、自国の留学生用医療保険加入や米国内で使用可能な医療保険の証明提示(コピーの提出)を行っておりましたが、2020年秋学期から全ての留学生はKCCが提携する医療保険会社の医療保険の加入義務が決定致しました(留学生保険プラン(International Student Insurance Plan))。また、自国での留学生用の医療保険に入ることは任意になります。詳細は下記をご確認ください。

University of Hawaiʻi
Kapiʻolani Community College(カピオラニコミュニティカレッジ):KCC
ハワイ大学に進学しよう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です