ハワイ大学NICE:2022年夏学期(07月08日~)以降の授業料変更と新学期の日程追加

2022年01月15日

インウェブアウト留学センター提携校のハワイ州立University of Hawai‘i at Mānoa, Outreach College – New Intensive Courses in English:NICE(ハワイ大学NICE)から2022年夏学期(07月08日~)以降の授業料変更と新学期の日程追加のお知らせです。

費用:2022年夏学期(N422)以降

  • 1学期総額:$3,330 下記内訳
    • 授業料:$3,180
    • 入学金:$75(初回のみ):返金なし
    • 登録料:$75(学期ごと):返金なし
    • I-20 発行最低要件は1学期間の総額。

当校の取消規定

料金にはハワイ州税は含まれます。

入学時期

  • 2022年春学期(N322):04月08日~06月17日
  • 2022年夏学期(N422):07月08日~09月16日
  • 2022年秋学期(N122):10月07日~12月16日
  • 2023年冬学期(N222):01月06日~03月17日
  • 2023年春学期(N322):04月06日~06月16日

※願書提出締切及び授業料支払期限締切日は授業開始日1ヶ月半前です。
※学生ビザ(F-1)を取得される場合は、通常少なくとも2ヶ月前に入学願書及び提出書類一式取得申込をお願い致します。

1年間以上通う学生の特別休暇制度

4学期連続(1年間)でハワイ大学NICEに通う学生は、5学期目をスキップしつつ、ハワイに滞在出来る特別休暇制度があります(スキップせず通うことも可能)。ただし、その場合は必ず6学期目をハワイ大学NICEに戻り、通う必要があります。6学期目をハワイ大学NICEに戻らない場合は、この制度の対象外です。

2022年公式パンフレット

入学に必要なワクチン予防接種

ハワイ大学NICEでは、入学する全ての学生が、入学時(授業開始日)までにTB(ツベルクリン)検査、麻疹(measles)ワクチン予防接種を2回、おたふく風邪(mumps)ワクチン予防接種を1回、・風疹(rubella)ワクチン予防接種を1回接種する必要があります。そのうち少なくとも1回はMMR(麻疹(measles)・おたふく風邪(mumps)・風疹(rubella)の三種混合ワクチン)、もしくはMR(麻疹(measles)・風疹(rubella)の二種混合ワクチン)+おたふく風邪(mumps)の単独ワクチン予防接種をする必要があります。

幼少期にウイルスの免疫を持っている場合は、ワクチン接種を免除されます。日本から直接ハワイ大学NICEに入学する場合は、日本でTBの検査を受ける必要はありません。

  • 麻疹(measles):2回接種の麻疹(measles)のうち1回は幼少期に感染し、ウイルスの免疫(抗体)を持っている場合、もしくはMR(麻疹(measles)・風疹(rubella)の2種混合ワクチン)で認められ、もう1回の麻疹(measles)は抗体では認められず、単独ワクチン接種、もしくはMR(麻疹(measles)・風疹(rubella)の2種混合ワクチン)で認められます。
  • おたふく風邪(mumps):1回接種のおたふく風邪(mumps)は抗体、単独ワクチン接種、もしくはMMR(麻疹(measles)・おたふく風邪(mumps)・風疹(rubella)の三種混合ワクチン)で認められます。
  • 風疹(rubella):1回接種の風疹(rubella)は抗体、単独ワクチン接種、MR(麻疹(measles)・風疹(rubella)の2種混合ワクチン)で認められます。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関して

アメリカのバイデン政権は、入国する外国人に対し、2021年11月上旬から新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種の完了を義務づける方針を発表しました。ハワイ大学NICEでも新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン接種が必須になります。結果として、2022年冬学期(N222):01月07日~03月18日以降、ハワイ大学NICEに通う留学生は日本国内での新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種が必須になります。

現時点でTdap:破傷風(tetanus)・ジフテリア(diphtheria)・百日咳(pertussis)の三種混合ワクチン、Varicella(Chickenpox):水痘・帯状疱疹ウイルスは、ハワイ大学NICEでは必要ありませんが、接種記録や免疫記録のある母子手帳のコピーがあれば、提出してください。

詳細はハワイ大学NICEのページをご確認ください。

English Only Policy

ハワイ大学NICEではEnglish Only Policy(英語だけを使うポリシー)を掲げています。留学生にとって、自分の考えや気持ちを全て英語で表現することは難しいことだと思います。しかし、このポリシーは、留学生が学校で出来る限り英語を使うことで、クラスメートや他の英語圏の人々とのコミュニケーションにおいて、最大限に英語を使うことを奨励するために設けられています。新入生にとって、学校で常に英語を使うことは難しいことですが、このポリシーはハワイ大学NICEの中でも最も人気があり、高い評価を得ています。英語でのコミュニケーション能力を高めるには、英語だけを使うのが一番です。


ハワイ大学NICEでは、2021年夏学期:07月09日~09月17日以降、完全対面授業で行っております。毎週ハワイ大学マノア校の学生との会話練習を実施し、アメリカ文化やハワイ文化を学びます。また、キャンパス外での教育アクティビティを実施致します。

オリジナルハワイ大学NICE留学説明会動画視聴申込

インウェブアウト留学センターでは、オリジナルハワイ大学NICE留学説明会動画を制作致しました。ご視聴になりたい方は下記の画像リンク内の下記にある留学説明会申込フォームを記入し、「ハワイ大学NICE留学説明会動画」をお選びいただきお申し込みください。当センターでお申し込み確認後、YouTubeの限定動画URLをお伝えするメールを返信いたします。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への学校対応

現在、ハワイ大学NICEでは、ハワイ大学の安全ガイドラインに従い、モバイルアプリを介したデイリー健康チェックイン、フェイスマスクの着用、物理的な距離の実施要綱、サニタイザー(手の消毒剤)の提供、定期的な教室の掃除などを行っています(連邦、州、郡のガイダンス、および世界中の科学、データ、ベストプラクティスに基づき、ガイドラインは変更される可能性があり)。

また、ハワイ大学ではデイリー健康チェックインアプリ「LumiSight UH」を開発、導入しています。キャンパスに来る方々はこのアプリが必要です。

上記から無料でダウンロードできます。 ハワイ大学NICEは、健康を念頭に置いて英語を学ぶ最高の体験を提供することです。

ハワイ大学NICE学生インタビュー

パク・ソンヒョンさん

外国人である私にとってハワイ大学NICEは、外国で英語を学ぶには最良の選択肢だと思いました。ハワイ大学NICEには、質の高い教育を提供できる素晴らしい先生方がいます。さらに、ハワイとハワイ大学マノア校の素晴らしい環境も、私がハワイ大学NICEを選んだ理由です。

スギタマリコさん

“If you seriously want to improve your English, NICE offers a chance to write English a lot. Professional and reliable teachers teach us in NICE.” – Mariko Sugita

  1. ハワイ大学NICEで良かったと思うことを2~3つ教えてください。
    →教材が豊富で、ハワイ大学マノア校の学生と議論する機会が与えられているところです。
  2. ハワイ大学NICEを選んだ理由は何ですか?ハワイ大学NICEを選んだ一番の理由は何ですか?
    →友人がハワイ大学NICEのプログラムを強く勧めていたからです。一番の理由は、ハワイ大学NICEでは英語の勉強に集中できるからです。
  3. 他の学生にハワイ大学NICEを勧める理由は何ですか?
    →親切な先生やスタッフがいることと、ネイティブスピーカーと仲良くなれることです。
  4. ハワイ大学NICEで学んだことで、あなたはどのように成長しましたか?
    →より柔軟な人間になり、困難な状況に対処する方法を学びました。

ハワイ大学NICE学生リフレクション

Haruna Yamamotoと申します。私は2014年から2015年にかけてハワイ大学NICEの学生でした。先生やクラスメートと素晴らしい時間を過ごしました。ハワイの文化や自然、歴史などたくさんのことを学びました。通訳の中には自然の話をしている人もいて、ハワイの自然を大切にしている姿が印象的だったのを覚えています。サオリの総合スキルクラスでのフェアトレード問題の議論は、地球市民であることや持続可能性など、多くのことを考えさせられました。日本での生活の様々な場面で、「アロハスピリット」やハワイ大学NICEでの経験がヒントになることが多いです。

ハワイ大学NICEでこんなことをしました!

フラ

フラはハワイ文化の中ではダンス以上のものであり、ハワイの歴史、祈り、物語、神話の継承に欠かせないものであり続けています。Kuleana(クレアナ=重要な関心ごと・命題)の思想、理念は、フラのような伝統を継承していくことに責任があると考えています。ハワイ大学マノア校のハワイアン研究カマクオカラニセンターのクムフラ(フラの教授)は、ワークショップを通じて、ハワイの知恵と価値観をキャンパスコミュニティや地域社会、そして多くの留学プログラムの学生たちと共有しています。

マカプウハイク

今年2月、ハワイ大学NICE冬学期に参加した155人の学生、アメリカ人の学生、そして教師は、あるアクティビティに参加しました。それはマカプウハイク!マカプウは、ワイマナロとカイルアのビーチを望むオアフ島最高景色の1つです。参加者は11月から3月までハワイに来るザトウクジラを見たり、たくさんの写真を撮ったりと30分のハイキングを楽しみました。

「アロハスピリット」を共有

「アロハスピリット」を共有することは、単に2つの単語「Aloha」と「Spirits」を発音する以上のものがあります。実際、アロハは「生命の存在」を意味し、 また、忍耐強さ、親切、他者と調和、そして謙虚に生きることも意味します。オハナ(家族)がアロハを実践する方法としては、ハワイフードバンクで高齢者向けの食品を梱包したり、感謝祭の日に何千人にも食事を提供したりするなど、困っている人々を助けるためにコミュニティでボランティアをすることも一つです。過去数年間、ハワイ大学NICEの学生は慈善団体に利益をもたらしてきたエキサイティングなイベントに参加しています。ボランティアをしていた学生のToshiさんは、「このボランティアは、出会いがあることと英語を使える良い機会でもあり、 また、他の国の人々とつながることで私自身オープンマインドな考えを持てるようになれます。」 と言っていました。

ハワイ大学NICEとは?

ハワイ大学マノア校アウトリーチカレッジ直下の集中英語コース「ハワイ大学NICE」は、静かな落ち着いた環境のハワイ大学マノア校キャンパス内中心部に位置し、質の高い英語教育の機会、特にスピーキング、コミュニケーション能力向上に力を入れているプログラムとして有名な語学学校です。また、2006年には英語教育プログラム認定委員会、CEA(Communication on English Language Program Accreditation) から認定され、プログラムのカリキュラムが高く評価をされています。さらに、提供する語学指導とサービスの質において、最高基準を満たす学校のみによって構成される教育連盟の全米集中英語講座連盟、AAIEP(American Association of Intensive English Programs)の加盟校です。

ハワイ大学マノア校には、第二言語教育学部によって運営されている語学学校「ハワイ大学HELP」もありますが、主な違いとしてNICEの方は、よりスピーキング、異文化能力向上に重点を置いた内容になっています。また、幅広い学生のニーズに合う効果的な学習の場を提供するため、学生はアカデミック、ビジネス、コミュニケーションの3つのうちいづれかの集中コースに分けられ、充実したプログラム内容になっています。HELP同様、米国の大学でのキャンパスライフを味わえることも大きな魅力です。

当校は1学期10週間のコースです。またハワイ大学NICEに通う学生は学生ビザは取得する必要があります。ハワイ大学NICE紹介ページの「ビザに関して」をご確認ください。

個別のお問い合わせはこちら

University of Hawai‘i at Mānoa, Outreach College
New Intensive Courses in English(ハワイ大学NICE)
ハワイ大学でキャンパスライフを体験!ハワイ大学NICE入学申し込み希望の方

海外留学保険・海外旅行保険

海外で生活する中で、ご病気に絶対ならないとは言い切れません。日本と違い、海外、アメリカ、ハワイでの治療費は高額になる場合があります。また、お怪我や盗難・賠償事故などの様々なアクシデントに遭う可能性もあります。インウェブアウト留学センターでは、基本的に留学する際に、日本語サ-ビス等のサポートが受けられる海外留学保険・海外旅行保険のご加入をお勧めしております。海外留学保険・海外旅行保険に関してはこちらをご確認ください。

インウェブアウト留学センターは、ジェイアイ傷害火災保険株式会社運営の「t@bihoたびほ」をご案内しております。下記の保険会社のウェブサイトよりオンラインで手続きが可能ですのでご利用下さい(外部リンク)。

ジェイアイ傷害火災保険株式会社「t@bihoたびほ」とは?

旅行会社最大手のJTBグループとAIGグループの合弁で作られた保険会社で海外旅行保険・留学保険のエキスパートです。 2015年度オリコン顧客満足度ランキング(海外旅行保険)では、「支払い手続き・対応」で第1位を獲得しています。また、同社の商品「t@bihoたびほ」は利便性が高く、ネットからの契約内容変更、保険期間延長、付保証明書の発行等を国内でも海外からでも問わず可能にしたネット専用の保険です。

海外でのサポートも充実していて、24時間・365日・日本語対応の「t@bihoたびほサポートライン」に加え、留学生向けには世界18都市のデスクで「留学生サポートサービス」を提供しています。留学期間1年まで申込みができ、通算2年までの契約延長も可能。また、保険期間3か月以上の場合は、クレジットカードによる分割払いを指定できるようになっています。

ハワイ滞在先リスト

インウェブアウト留学センターでは、ハワイ留学生のために多くの滞在先をご案内しております。また、ホームステイ、シェアハウス、アパートメント、コンドミニアムなど、滞在タイプも一通り揃えておりますので、ご希望の滞在先をお選びください。観光のみでの滞在でも手配可能です。

ハワイホームステイ手配申込に関して

インウェブアウト留学センターでは、ハワイ大学NICEの学生向けホームステイ先の手配が可能となっております。また、「学校には通わないが、ホームステイだけでもしてみたい。」という方でもお申し込みも受け付けております。

これからもインウェブアウト留学センターをよろしくお願い申し上げます。


インウェブアウト留学センター
InWebOut Center for International Education
お問い合わせ

050-5806-2019
友だち追加
Instagram(インスタグラム)
Facebookインウェブアウト留学センターページ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です