ハワイ州ID(State ID)取得

旅行やビザ免除プログラム(ESTA)ではなく、有効な滞在査証(ビザ)でハワイに居住する場合、ハワイ州内で発行された身分証明書(ID)が必要な場面が多くあります。特に運転免許証を取得しない場合は、ハワイ州ID(State ID=ステートID)を取得しましょう。

ハワイ州ID(State ID=ステートID)とは?

読んで字の如く、ハワイ州が発行している在住者カードのことです。ハワイのステートIDは、身分証明書として非常に便利なだけでなく、ハワイに住んでいる在住者向けの割引(カマアイナ割引)も利用することができます。

メリット1:身分証明書

ハワイでは銀行や飲食店(特にアルコールを頼む際)、クレジットカード利用の際など、様々な場面でID(身分証明書)の提示を求められます。観光で訪れる時は必ずパスポートのコピーを携帯することで、IDとして利用する必要がありますが、長期留学でハワイに滞在される方にはステートIDの取得をお勧めしています。

メリット2:在住者向けの割引(カマアイナ割引)

ハワイの市街地は観光客が多く、物価が高いため、現地の在住者のための割引料金が存在します。カマアイナレート、カマアイナプライスと呼ばれ、レストランや水族館などの公共施設、ゴルフ場、ホテルなどで適用されていて、通常料金よりも平均で10~20%オフになる場合もあります。30%引きや50%引き、更には60%引きの施設もあったりします。

ハワイ州ID(State ID=ステートID)取得方法と申請に必要な書類

取得方法

ハワイ州のステートIDオフィスへ行って窓口で申請料を支払い、写真を撮ったら手続き終了です。その場ですぐに仮のIDがもらえ、オリジナルのIDは1~2週間後ぐらいに郵送で自宅に届きます。

ハワイ州のステートIDオフィス

ホノルル市郡(オアフ島)の申請窓口は、島内に5カ所ある運転免許センターになります。カリヒ-パラマ地区(カパラマ。島の中心部)、カポレイ(同・西部)、コウラウ(北東部)、ワヒアワ(内陸部)、ワイアナエ(北西部)です。ホノルル市街地にお住まいの方は、カリヒ-パラマ地区の「カパラマ運転免許センター(Kapalama Driver Licensing Center)」で申請を受け付けてくれます。

  • カパラマ運転免許センター(Kapalama Driver Licensing Center)
    • 受付時間:8:00-16:00(月~金)

必要な書類

下記の書類は全て原本をお持ちください。

  • パスポート
  • ビザ(学生ビザの場合は I-20
  • ソーシャルセキュリティーナンバーカード(SSN=社会保障番号)
    • 持っていない方:SSN Denial Letter(社会保障番号不許可証明書)
  • ハワイの住所を確認できる書類:2通
    • 公共料金の支払い請求書、銀行の取引明細書、賃貸物件の契約書など
  • 申請書:窓口にあり。
  • 発行手数料$40
    • ビザの有効期間によって料金変動

ソーシャルセキュリティーオフィス

学生ビザでハワイに滞在されている方で、社会保障番号を持ってない場合は、「SSN Denial Letter(社会保障番号不許可証明書)」の提出が必要ですので、ソーシャルセキュリティーオフィスで発行してもらってください。

学生証≠公的証明書

余談ですが、「学生証」や「職場IDカード」は、公的な証明書となりません。お店でお酒を買う時(見た目が幼く見える場合)などは、ステートID、運転免許証、パスポートといった公的証明書の提示が求められます。

ステートIDなら、現住所、生年月日、性別、身体の特徴(瞳・髪の色、身長 他)など、一通りの個人情報を網羅しており、かつ合法的に在留資格を有していることを示す書類でもありますので、極めて高い証明力があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です