留学前にするべき英語勉強

語学(英語)は留学後にすればいい。

そういう人も多いとは思いますが、留学前に時間もあり、留学後により充実した留学生活を送るためには、出来る範囲で勉強することに何も損はありません。最低限中学英語まで復習しておくことで、短い留学期間でも英語が伸びやすくなり、留学で失敗する確率も低くなります。また、単語だけでも自分の意思を伝えられるようするだけで、それがステップアップになり、上達のきっかけになるかもしれません。友人が出来るかもしれません。出来ることから出来る範囲で少しだけ英語を勉強しておきましょう。

また、語学学校の先、大学や将来アメリカで暮らしたいと考えている方、語学(英語)は避けて通れません。アメリカの大学に入学する場合、外国人なら最低限、入学認定試験・入学基準試験(TOEFLTOEIC、英検、Duolingoなど)が必要でしょう。留学前に語学力を高めましょう。入学認定試験・入学基準試験の詳細はこちらです。

単語でも興味関心のあるもの

単語を覚えるうえでも、難しい用語や専門性のある単語、受験で習う応用単語ばかり片っ端から暗記してもすぐ忘れてしまいます。まずは、必要性のあるものや興味関心のあるものから始めましょう。それを見つけるのは案外簡単で、今あなたの目の前の範囲のものを全て英語で言えますか?机、椅子、電気、歯ブラシ、鏡。鏡に映る顔の部分部分。目、眉毛、鼻、口、髭(口の上と下)、首、胸、お腹、腰、足、膝…。わからないものは辞書で引いて覚えましょう。日本語には思った以上に英語っぽい外来語が多く、改めて辞書を引くと全然違うということがいっぱいあります。

動作や物事を英文で考えてみよう

単語を覚えてきたら、英文も考えてみましょう。今自分がやっている動作を英文で言えますか?「私は歯ブラシををしています。」「私は9時に起きて英語の勉強をします。」「昨日友達とカフェに行っておしゃべりをしました。」文章を作ってみましょう。

中学の英語の教科書

中学校の頃の英語の教科書を開いて、最低限の英文法は頭に入れておくと良いです。当時わからなかった意味も今教科書を読んでみるとちゃんと理解出来るかもしれません。

Institute of Intensive English – IIE Hawaii
ビザあり・なしOK!歴史ある私立の語学学校に留学しよう!IIE入学申し込み希望の方

英検やTOEICを受けてみる

留学までに時間の余裕がある人は英語能力試験を受けてみるのも良いです。それに向けて留学の前段階としてテスト勉強をするのも良いでしょう。とにかくやればやるだけ英語力は伸びるもの。やって損なことは何もありません。

インウェブアウト留学センターでは、英検®で3級以上を目指す小学生や中学生、高校生など、日本国内在住社の方にパストレという「英語検定試験の対策オンラインプログラム」をご紹介しております。詳細は下記の画像をご確認ください。

文法は大事

会話に文法は関係ないっていう人もいますが、そんなことはなく、基本的な英文法は必ず覚える必要があります。面倒臭がらず一からコツコツ覚えていきましょう。それが一番の近道です。

Central Pacific College(セントラルパシフィックカレッジ):CPC
「大人が選ぶ語学学校」30代からのハワイ留学!CPC入学申し込み希望の方

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です