【2022年よくある質問】こんな疑問・質問・お問い合わせがありました!

いつもインウェブアウト留学センターをご利用いただきありがとうございます。このページでは2022年までにお問い合わせいただいた疑問・質問とそれらへのご回答を掲載しております。気になる点やさらに深堀した疑問・質問がある場合は、こちらからお問い合わせいただくか、ページ下記のコメント欄*にお書きください。コメント返信にてお答え致します。また、現地提携校へのお問い合わせが必要であれば、お時間をいただきお答え致します。

*コメントを残す際はセキュリティのため、お名前(ニックネーム)とメールアドレスが入力必須になっております。メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

過去のこんな疑問・質問・お問い合わせ


KCCのHospitality & TourismのASコースで、例えばHospitality Operations Management専攻で入学した後にTravel and Tourism Operations Management専攻に変更することは可能でしょうか?

可能です。HospitalityとTravel and Tourismは被っているクラスも多いため、途中で変更しても単位が無駄にならない場合も多いと思います。

ハワイ大学NICEの3週間集中英語コースに申し込みたいので、入学手続きをしてもらいたいのですが、可能ですか??

インウェブアウト留学センターでは10週間集中英語コース(フルタイム)のみ取り扱っており、3週間集中英語コースのお申し込みは通常受け付けておりませんが、手数料$300を別途お申し受けることで、サポートすることは可能ですので、ご希望の方は、手数料をご理解の上、お問い合わせください。また、パートタイムの10週間集中英語コースに関しても、3週間集中英語コース同様、通常受け付けておりませんが、手数料$300を別途お申し受けることで、サポートすることは可能ですので、ご希望の方は、手数料をご理解の上、お問い合わせください。

他の学校からKCCに編入したいのですが、現在の学校のプログラムが終わって、KCCの授業(プログラム)が始まる前に、日本に一時帰国したいです。出来ますか?どうしたら良いですか?

はい。まず、現在の学校のプログラムが終わる日(I-20 記載)から60日(Grace period)以内に編入手続きをする必要があり、それを超えてはいけません。もちろんKCCの願書提出締切日は厳守です。当センターとしては、現在の学校のプログラムが終わる前にKCC編入手続きすることをお勧めします。そしてハワイにいる間に、KCCの I-20 を受け取り、その後一時帰国することをお勧めします。KCCからもらった新しい I-20 はInitial Studentですが、ハワイに住所があり編入生ですので、ステータス上ではTransfer Studentになるため、入国は通常の新入生とは違い、I-20 記載のプログラム(授業)初日30日前~でなくても入国可能(40日前でも大丈夫)です。

KCCに関して、I-20 記載の授業初日30日前~KCCのオリエンテーション(F-1 Check-in)までにハワイ入国後、KCCのオリエンテーション(F-1 Check-in)に参加し、そこから授業開始まで2週間ほどしばらく余裕があると思うんですが、その期間、例えばアメリカ本土へ旅行とかに行くことは可能なんでしょうか?

はい。すでにハワイ(米国)に学生ビザ(F-1)で入国しているため、国内線で米国本土に行っても問題ありません。

ハワイ渡航の際、抗原検査でも良いと何処かで見たのですが、PCR検査ではなくて良いんでしょうか?

PCR検査を受けましょう。抗原(定量)検査でも良いとなっておりますが、抗原定量検査は血液検査が必要らしいので、やめた方が良いです。PCR検査が間違い無いです。もし、東京か大阪から出国されるようでしたら、下記の病院でも行えます。

KCCにお申し込みした際は英検準2級だったのですが、I-20 を受け取った後、ビザ面接をする前に英検2級A判定が取れました。すぐにESOL 94のクレジットプログラムから始めたいのですが、可能ですか?

まず、今現在がご入学学期の願書提出締切日より前でしたら入学基準英語試験の再提出が可能で、クレジットプログラムに変更可能です。その場合、KCCはクレジットプログラム用の新しい I-20 を発行してくれます。ただし、英検準2級(同等の他の英語試験でも有効)で一度出願すると自動的に付属英語プログラム(IEP)で入学手続きをしてしまうため、付属英語プログラム(IEP)予約費用:$75が掛かり、こちらは返金出来ません。ご了承ください。新しい(クレジットプログラム用の) I-20 は古い(付属英語プログラム(IEP)用の) I-20 とSEVIS IDは同じであるため、すでにSEVIS費用を支払っていてもビザ面接や入国時に有効ですし、DS-160も変更できる部分は修正しましょう。出来ない場合は、面接時に面接官に事情を説明することをお勧めします。

また、今現在がご入学学期の願書提出締切日より後になってしまった場合は、入学基準英語試験の再提出が不可で付属英語プログラム(IEP)を受ける必要があります。ただ、すでに英検2級A判定を持っているので、IEP終了後次の学期は Placement Test (クラス分けテスト)の結果に関係なくESOL 94に進むことが出来ます。

KCCにお申し込みした際は英検準2級だったのですが、I-20 を受け取り、ビザ取得後、渡航前に英検2級A判定が取れました。入国のときはどうすれば良いですか?ESOL 94のクレジットプログラムから始められますか?

はい。まず、今現在がご入学学期の願書提出締切日より前でしたら入学基準英語試験の再提出が可能で、クレジットプログラムに変更可能です。その場合、KCCはクレジットプログラム用の新しい I-20 を発行してくれます。ただし、英検準2級(同等の他の英語試験でも有効)で一度出願すると自動的に付属英語プログラム(IEP)で入学手続きをしてしまうため、付属英語プログラム(IEP)予約費用:$75が掛かり、こちらは返金出来ません。ご了承ください。新しい(クレジットプログラム用の) I-20 は古い(付属英語プログラム(IEP)用の) I-20 とSEVIS IDは同じであるため、新しい I-20 が有効になり、それで入国します。ビザにもKCCの名前か記載されていますし、問題ありません。

一昨年ニューヨーク州のカレッジに通っていました。すでに日本帰国していますが、これからKCCに入学したいです。可能ですか?どうしたら良いですか?

はい、可能です。入学手続きは基本同じですが、あなたの現在のI-20 がすでにdeactivatedになっているのか、なっていないかを前の学校(ニューヨーク州のカレッジ)に確認してください。これは前の学校に登録しているかどうかではなく、あなたが通っていた前の学校の I-20 のステータスがどうなっているかが重要で、I-20のステータス次第で手続き方法が変わるため、ご確認をお願い致します。

KCCのオリエンテーション(F-1 Check-in)には、他の国の生徒もいるんですか?

はい、います。

現在、インウェブアウト留学センター提携校のCentral Pacific Collegeに通っている学生です。KCCに入学したいのですが、入学基準英語試験は何も持っていません。何か入学基準英語試験を取得する必要はありますか?

当センター提携語学学校の私立CPC(Central Pacific College)に通う学生で、KCC入学希望者は、Low Intermediate (中級レベル)以上のクラスを修了し、CPCでの卒業テストで51点以上の点数を取得していれば、KCC入学に必須の入学基準英語試験は不要で入学が許可されます。その場合、付属英語プログラム(IEP)の受講免除でクレジットプログラム(英語クラスは単位なし:ESOL 94)〜スタートします。

夏学期に入学する外国人留学生の新入生に対してのKCC新入生奨学金制度はないのですか?

通常、年度前の夏学期に入学する外国人留学生の新入生に対しても、次年度の奨学金を受け取ることが出来ます(例:2022年夏学期→2022年秋学期+2023年春学期のKCC新入生奨学金制度の対象)。ただし、制度の要項が変わる場合もあるため、詳細はお問い合わせください。

入学基準英語試験がもし足りなかった場合、KCC申し込みはできないですか?現地では日常会話はできますが、文法やスペルなどめちゃくちゃなので、、。KCC を目指して始めは語学学校へ入学した方がいいかも考えています。どうですか?

入学基準英語試験が英検準2級(同等の他の英語試験でも有効)未満の場合、KCCは申し込みは出来ません。語学学校の場合、個人的には、大学進学を目的としたハワイ大学マノア校の語学学校、ハワイ大学HELPかワイキキのIIEがお勧めです。こちら2校は当センター提携校ですので、ご案内出来ます。

語学学校に行きつつ、入学基準英語試験の英検準2級(同等の他の英語試験でも有効)が取れた時点でKCC入学が出来るよう、当センターでKCC出願準備もしておくと良いと思います。過去にもIIEに行きつつ、同時進行でKCCに出願し、編入手続きを学校間と当センターとやり取りをし、スムーズに入った学生が何人もいます。

KCC夏学期間は5月スタートということでしたが、費用については他学期と同じですか?

夏学期は$357/1単位ということで少し高いです。秋学期と春学期は$345です。でも、付属英語プログラム(IEP)(クレジットプログラムに移行するための大学準備コース)は、$4,555(1学期間=10週間)と決まっております。

コロナのワクチンを打たずにハワイに入国・KCCに入学、対面の授業への参加はやはり難しいでしょうか?

難しいです。KCCは何とかなってもハワイ入国が厳しいです。例外はあるようですが、当センターでは、ワクチン接種なしでの渡航はオススメしません。強制送還もありえます。それでも挑戦するのであれば、自己責任でお願い致します。

※入国審査に関しての内容は、あくまでインウェブアウト留学センターが得た情報を掲載したまでです。記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、当センターは一切の責任を負いかねます。ご了承ください。疑問質問等がある場合は、直接ご自分で在日米国大使館及び領事館にお問い合わせしましょう。 

基本的な質問なのですが、KCCの8月入学と5月入学の違いは、何ですか?5月の方が英語に慣れる時間がゆっくり取れるという違いでしょうか?(5月夏学期入学のメリット)

まず、そもそもハワイ大学機構(KCCを含む)は、セメスター制(2学期制)で、本来8月から始まるFall semester(秋学期)と1月から始まるSpring semester(春学期)です。5月から始まる学期は、夏休み中に行われるSummer sessionと言われる夏休み特別学期のようなもの(当センターではそれを夏学期と呼んでいる)で、通常秋学期と春学期の期間は4ヶ月間ですが、夏学期の期間は6週間が2回というちょっと不思議な学期となっております。秋学期や春学期に通常4ヶ月で行う授業を、夏学期ではたった6週間で行うため、期間が短い分、簡単そう、楽そうに思いますが、授業時間と勉強時間は秋学期や春学期と同じです(6週間に4ヶ月間分を詰め込む、宿題も同等分あり)。そうでないと秋学期や春学期と比べ、大学の単位自体が不公平になります。結果として、夏学期のクラスもちゃんとした単位として認められます。

入学基準英語試験が英検準2級〜英検2級A判定未満(同等の他の英語試験でも有効)で夏学期に入学する場合、付属英語プログラム(IEP: クラス名 ESOL 50、52、IS 54)は夏学期の1回目に行われ、それは6週間ではなく10週間という特別コースとなっています。入学基準英語試験が英検2級A判定(同等の他の英語試験でも有効)以上で夏学期に入学する場合、ESOL 94も6週間ではなく10週間という特別クラスとなっています。

そこで秋学期や春学期と、夏学期の違いですが、実際はどちらも授業時間や勉強時間は同じです。同じですが、夏学期は付属英語プログラム(IEP)やESOLを期間が短く終えられるので、語学力が一気に上達するでしょう。また、8月入学の秋学期の場合、親御さんから「高校終わって8月後半まで遊ばせたくない。」というご意見もありますが、5月入学の夏学期の場合、日本の高校は3月に卒業ですので、学業に対し、高校からほぼ「ブランクなく学校に通える」というメリットがあります。また、在校生であれば夏休みを取らず夏学期にクラスを履修し、単位が取れれば、結果として卒業までの留学滞在期間が短くなります。留学滞在期間が短くなれば、留学費用が抑えられます。

また、現地の学生で夏学期にクラスを履修する人は少ないため、現地の学生との交流を求める場合、特に入学基準英語試験が英検準2級〜英検2級A判定未満(同等の他の英語試験でも有効)で夏学期に入学する学生は、付属英語プログラム(IEP)を夏学期に終わらせることができ、秋学期からクレジットプログラムで現地の学生と一緒にクラスを履修出来ます。付属英語プログラム(IEP)は基本的に外国人留学生のみで構成されるクラスのため、秋学期入学の場合、キャンパス内に現地の学生がいても、クラスでは現地の学生との交流はありませんので、最低一学期間はその状態です。

KCCで夏学期の後半、Summer Session 2もあると聞きましたが、入学基準英語試験が英検2級A判定(同等の他の英語試験でも有効)以上であれば、後半からも入学出来ますか?

いいえ。学生ビザ(F-1)で入国する新入生は、夏学期の前半、Summer Session 1の前に入国しなければならないため、後半、Summer Session 2からの入学は不可です。

KCC出願後、入学証明書のようなものは出ますか?

はい。出願後、KCCからAcceptance Letterが届きます。それが正式な入学証明書であり、合格通知でもあります

KCCの図書館の空いている時間はわかりますか?

2022年1月現在、コロナ禍で通常時間より短いです。KCCの図書館(Lama Library)は、2022年春学期中は月~木:午前8:30~午後4:30で、金:午前8:30~午後4:00です。土日祝日は休館です。KCC図書館(Lama Library)の詳細はこちら(外部リンク)です。入館する際は必ず下記のLumiSight UHをダウンロードし、ワクチン接種証明をアップロード、デイリー健康チェックインを行ってください。また、ハワイ大学学生IDか写真付きの身分証明書の持参も必要です。

KCCの図書館で学生は何が出来ますか?サポート内容も教えてください。

図書館なので本を借りられることはもちろん、KCC学生はノートパソコン(1日、もしくは7日間:コロナ禍では、学期中ずっと借りることも可能)、マイク付きのヘッドセット(学期中ずっと可能)、ウェブカメラ(学期中ずっと可能)、携帯電話の充電器(3時間)、Macbookの充電器(3時間)、電卓(3時間)、などのレンタルが出来ます。また、ハワイ大学KCC学生IDカードがあれば、モノクロで1ページ10セント、カラーで1ページ50セントが掛かりますが、印刷出来ます。ハワイ大学アカウントがあれば館内は無料Wi-Fiを利用可能です。図書館のデスクトップパソコンも使用可能ですし、勉強スペースデスクもあります。KCC図書館(Lama Library)の詳細はこちら(外部リンク)です。

語学学校でも長期間通うと学生の特別休暇制度があると聞きました。詳しく教えてください。

ハワイ大学NICEに関して、4学期連続(1年間)でハワイ大学NICEに通う学生は、5学期目をスキップしつつ、ハワイに滞在出来る特別休暇制度があります(スキップせず通うことも可能)。ただし、その場合は必ず6学期目をハワイ大学NICEに戻り、通う必要があります。6学期目をハワイ大学NICEに戻らない場合は、この制度の対象外です。

また、ハワイ大学HELPに関して、ハワイ大学HELPに1年間通う(継続)学生は、夏学期1、もしくは夏学期2のどちらかをスキップしつつ、ハワイに滞在出来る特別休暇制度があります(スキップせず通うことも可能)。また、9ヶ月連続でハワイ大学HELPに通う(継続)学生は、次の1学期間を完全にスキップしつつ、ハワイに滞在出来る特別休暇制度資格がもらえます。ただし、その場合は必ずスキップした学期の次の学期をハワイ大学HELPに戻り、通う必要があります。ハワイ大学HELPに戻らない場合は、この制度の対象外です。

KCCのSTEMの具体的内容をお聞きしたいです!将来ハワイ大学マノア校の海洋生物学やコンピュータ系に進みたいです。

Natural Sciences (STEM) Programは、所謂理系のリベラルアーツのようなもので、化学、工学、コンピュータ科学、社会科学(人類学・経済学・心理学・社会学)、数理科学、生命科学、地学、物理学および天文学などに関連する専攻です。こちらはSTEM系大学への編入も可能です。細かい必修科目はKCCのカウンセラーに聞く必要がありますが、ハワイ大学の海洋生物学やコンピュータ系にも行けます。

KCCに入学が決定しています。ノートパソコンはハワイで買うよりも日本で買って行った方がいいですか?

AppleのMacbookを購入するのであれば、現地で学割が効きます。Acceptance LetterかStudent IDを持っていきましょう。

学生はKCCの授業でどのようにノートを取っている人が多いですか?タブレットやノート、パソコンなど…教えていただきたいです。

8〜9割の学生が手書きのノートで中にはタブレットにアップルペンシルを使って書いてる方もいます。あとの1〜2割の学生がパソコンです。授業で使うことは少ないかもしれませんが、ペーパーやリサーチ、プレゼンなどでパソコンは必須なのでノートパソコンを購入しましょう。

長期留学の場合、ハウジングとして最初はどのパターンが多いですか?また、その紹介はしてもらえますか?

ほとんどの方、特に高校卒業したばかりの方は、最初の3ヶ月ほどはホームステイが多いです。すでに日本で大学生をしていたり、一人暮らしの経験がある方などは最初(日本にいる間に)からアパートメント・シェアハウス・シェアルームを契約し、渡航後一人暮らしする方もいます。当センターではホームステイのご紹介もアパートメントなどのご紹介もしております。アパートメントなどのご紹介に関しては、ご希望の条件(エリア、部屋の数、具体的な物件など)や価格帯をお聞きし、ハワイの賃貸物件(アパートメント、シェアハウス、シェアルーム)を一緒にお探しする形です。詳細は下記のページをご一読ください。

2022年01月14日現在、PCR検査は渡航前日ですが、KCCのその他の予防接種はいつすればいいですか?

その他の予防接種は基本入学決定、そして学生ビザ(F-1)取得後〜渡航前がベストです。万が一ビザ取得が出来なかった場合を考えると確実に渡航が決まってからが良いです。同じワクチンを2回以上接種しなければならない場合もある(各ワクチン接種の間隔は医者にお尋ねください)ので、学生ビザ(F-1)取得後〜渡航前まで1ヶ月以上余裕があると良いと思います。詳細は下記のページをご一読ください。

Environmental scienceの分野にとても興味はあります。ハワイ大学マノア校のSOESTのGlobal Environmental Scienceに進学する場合、KCCではSTEM教育学(AS 学位のNatural Siences)のPhysical Sciencesで合っていますか?また、STEM教育学(AS 学位のNatural Siences)のPhysical Sciencesを選んだ場合の必修の授業や、他にどんなクラスが取れるのか教えていただきたいです。

合っております。STEM教育学(AS 学位のNatural Siences)のPhysical Sciencesを選んだ場合の必修の授業や、他にどんなクラスが取れるのかに関しては、概要書類と必修科目シートがあるのでお渡し致します。ただし、詳細や履修登録は入学後、履修登録前にKCCのカウンセラーに必ず相談してからにしましょう。カウンセラーをご紹介致します。

ハワイ大学マノア校のCTAHRのEnvironmental Managementに進みたいです。KCCでは専攻も含めどういうクラスを取った方が良いですか?

ハワイ大学マノア校のCTAHRのEnvironmental Managementに進学する場合、STEM教育学(AS 学位のNatural Siences)のBiological Sciencesが良いそうです。ただし、詳細や履修登録は入学後、履修登録前にKCCのカウンセラーに必ず相談してからにしましょう。カウンセラーをご紹介致します。

KCCに観光ビザで入学するのは可能ですか? また、学生ビザで長期滞在する際、コマ数を減らして学費を安くすることは可能ですか?

いいえ。KCC入学には必ず学生ビザ(F-1)が必要です。また、KCC(大学)の学生ビザ(F-1)基本ルール(F-1 Student Visa Basics)で「留学生は最低12単位分/学期の授業を登録しなけなければならない」と決まっておりますので、コマ数を減らして学費を安くすることは不可能です。

ハワイ大学HELPに観光ビザで入学するのは可能ですか?

はい。ハワイ大学HELPは、ESTA や観光ビザ(B-2)で入学するのは可能ですが、いくつか制限があります。春学期1、春学期2、秋学期1、秋学期2に通いたい場合、ESTA や観光ビザ(B-2)で入国し、1学期間のみに限り、8週間の学期中でも4週間以内、尚且つ週16時間以下の受講に制限されますが、パートタイムでの受講も可能です。また、夏学期1、夏学期2は1学期間のみの受講で通うことが出来ます。

KCCのクラス分けテスト(Placement Test)について、ESL 100ではなく、ENG 100を履修したい場合、クラス分けテスト(Placement Test)はAccuplacer ESLでも良いのですか?

いいえ。ENG 100を履修したい場合は、現在オンラインで受けられるEdReadyという Placement Test を受験してください。英検2級A判定(2150点)〜英検1級未満(同等の他の英語試験でも有効)で入学する留学生は、入学決定後、履修登録する前にEdReadyを受験し、ENG 100から始められる十分なスコアを取れれば、ESOL 94をスキップでき、ENG 100から始めることが出来ます。ただし、その場合ESL 100は受講出来ず、ENG 100のみになります。

KCCに入学希望です。英検準1級を持っていて出来ればESOL 94をスキップしたいです。英検1級がないとダメですか?

実は英検2級A判定(2150点)〜英検1級未満(同等の他の英語試験でも有効)の留学生でも、ハワイ入国後、履修登録する前にKCCの図書館で受けられるAccuplacer ESLという種類のクラス分けテスト(Placement Test)を受けることが出来ます。もしAccuplacer ESLの結果がESL 100から始められる十分なスコアを取れれば、ESOL 94をスキップ出来ます。英検2級A判定〜英検1級未満(同等の他の英語試験でも有効)で入学し、ESOL 94をスキップしたい場合は Placement Test を受けることお勧めします。

詳細は下記のリンクをご確認ください、

KCCのESOL 94のMalm先生の評判を教えてください。

ある学生さんの個人的感想として「assignmentは少なめ」「授業時間は10-15minsオーバーしがち」「Essayなどのwritingに対するfeedbackは多い、丁寧(面倒くさいなと思う学生もいるが、直して再提出すれば高い点数もらえる)」「試験はMidterm&Finalで量は多いが、復習しておけば高得点取れる」でした。

ビザ無し(ESTA)での留学を希望しているのですが、入国審査で「観光もするけど学校にも行く」と言っていいものでしょうか?

学校が決まっている状況でAcceptance Letterがある場合、「観光がメインでパートタイムで学校にも行く」は、基本的に17hr/週以下であればESTAでも学校に通えるので、法律上問題はありません。学校が決まる前に入国しようとし、入国審査で「観光もするけど学校にも行く」とは言うべきではありません。

※入国審査に関しての内容は、あくまでインウェブアウト留学センターが得た情報を掲載したまでです。記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、当センターは一切の責任を負いかねます。ご了承ください。疑問質問等がある場合は、直接ご自分で在日米国大使館及び領事館にお問い合わせしましょう。 

インウェブアウト留学センターさんは、KCCに留学する際にどのようなことをサポートして頂けるのか知りたいです。

当センターでは、願書作成や提出に必要な書類等がすでに手元にありご準備しておりますので、すぐに出願出来るようお手伝いいたします。また、入学手続きに関して、当センターはKCCと契約し、KCCから手数料をもらうことで手数料を学生さんからはいただきません。無料でお手伝い致します。ビザ手続きに関しても、実務作業が発生しなければ、無料で申請方法をお手伝いいたします。

KCC留学生に対しての独自サービスサポートとしては、独自でKCCの職員を迎え、KCC留学新入生用に出発前オリエンテーションを実施しております。毎学期スタート1〜2ヶ月前=学生が一番不安に思う時期の渡航前にZoomを使って日本語による出発前オリエンテーションを行うことで、不安な部分も入学後も安心してKCCに通えるでしょう。もちろん全て日本語です。ご質問も日本語で尋ねてください。さらに私自身もKCC卒業生ですので、個人的な悩みやクラスの取り方などできる範囲で在学中もサポートさせていただければと思います。

現地でのお住まいに関しては、ホームステイ賃貸物件のお手配も行っております。学生さんのニーズに合わせたお住まいをお手配させていただきます。

その他一通りのサポートが出来ますので、わからないことがあれば何でも聞いてください。

KCCへの留学ののち四年制大学への編入を考えております。家庭の経済的負担を考えるとKCC入学から卒業までになるべく費用をかけずに卒業をできればと思っているのですが、日本語コースの特典で付いてくる単位等の学費節約のようなものが他にあれば教えていただきたいです。

KCC在学中に関して、JPN 290以外、バッククレジットのような特典で付いてくる単位等の学費節約は特にありませんが、毎学期教科書や教材等は中古を買い、きれいに使用し、クラスが終わった後はブックストアで売るなどをすることで、多少は節約になるでしょう。また、本来学生ビザ(F-1)での就労はできませんが、ポジションに空きがあり、大学が認めれば週20時間までキャンパス内で働くことが可能です(クレジットプログラム以降)。時給は現在$10を超えるそうです。KCCはハワイ大学機構の一つなので、KCCの学生になれば他のキャンパスでも働くことが可能です(ハワイ大学マノア校のスターバックス等)。

卒業後に関しても、KCC卒業時の GPA(平均成績)が3.3以上あるとハワイ大学マノア校に編入する場合、年間授業料が約半額になります(The International Merit Award Scholarship)。また、同様に卒業時に GPA が3.3以上あると私立Hawaii Pacific University(HPU=ハワイパシフィック大学)編入時に年間授業料が約半額になります

また、卒業後に職業訓練として OPT を使い1年間キャンパス外で働くこともできます。OPT後にハワイ大学マノア校に編入する場合でもThe International Merit Award ScholarshipやHPUの授業料半額奨学金は適用されます。

KCCに入学希望なのですが、現地在住者でグリーンカード所持者です。入学手続き支援の対象外でしょうか?

インウェブアウト留学センターでは、グリーンカード所持者の方へのKCC入学手続き支援に関しては対象ではありません。申し訳ありません。ただ、LINEの限定の定期的な情報は閲覧可能ですので、LINE登録し最新情報は受け取っていただいて構いません。また、当センターで行なっている説明会に参加はできるので良かったらご参加ください。

KCCについて聞きたいことがいっぱいあります。

KCC(ハワイ大学カピオラニコミュニティカレッジ)について、よくある質問をまとめ掲載しております。大学ですので、入学後の仕組みや構造が複雑だと思いますが、インウェブアウト留学センターでは、どこよりも詳しく掲載しております。わからないことがあれば、何でもご質問ください。

 

Q. 2023年秋学期1の8月スタートのハワイ大学HELPに入学予定ですが、いつ頃から準備をしたら良いでしょうか?

早くても2023年3月頃に入学願書を提出すれば良いと思いますので、入学手続きに関しては改めて2023年に入ってからやりましょう。

 


上記に関するお問い合わせは下記のリンクからお願いいたします。

これからもインウェブアウト留学センターをよろしくお願い申し上げます。


インウェブアウト留学センター
InWebOut Center for International Education
お問い合わせ

050-5806-2019
友だち追加
Instagram(インスタグラム)
Facebookインウェブアウト留学センターページ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です