【2021年よくある質問】こんな疑問・質問・お問い合わせがありました!

いつもインウェブアウト留学センターをご利用いただきありがとうございます。このページでは2021年までにお問い合わせいただいた疑問・質問とそれらへのご回答を掲載しております。気になる点やさらに深堀した疑問・質問がある場合は、こちらからお問い合わせいただくか、ページ下記のコメント欄*にお書きください。コメント返信にてお答え致します。また、現地提携校へのお問い合わせが必要であれば、お時間をいただきお答え致します。

*コメントを残す際はセキュリティのため、お名前(ニックネーム)とメールアドレスが入力必須になっております。メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

Q. KCC入学前に英検2級A判定合格相当の入学基準英語試験のスコアを取得しましたが、アメリカの大学の授業についていけるか不安なので、付属英語プログラム(IEP)(クレジットプログラムに移行するための大学準備コース)を受講したいです。また、付属英語プログラム(IEP)を受講しますが、すでに英検2級A判定合格相当を持ってるので、付属英語プログラム(IEP)後は必ずESOL 94に入れますか?

はい、付属英語プログラム(IEP)を受講可能です。また、付属英語プログラム(IEP)受講後はESOL 94に必ず入れます。

Q. ハワイ大学マノア校で正規の授業を受けてみたいですが、良い方法はありますか?

実はKCCの学生でも在校生(継続している学生)は夏学期に限り、ハワイ大学マノア校で正規の授業を受けられることも可能なのをご存知ですか?英語クラス=ESOL 94を春学期終了の時点で終えていれば、ハワイ大学マノア校の100〜200番台までのクラスの中で、ENG 100/ESL 100が Prerequisite(履修の条件や基準)でないクラスを受講可能です。また、春学期終了の時点で英語クラス=ESOL 92を終えていれば、一部のMathやArtなどのような、英語クラスが Prerequisite(履修の条件や基準)でないクラスを受講可能です。ただし、KCCとハワイ大学マノア校は同じハワイ大学機構とはいえ、違う大学のため、確実に授業登録できるかどうかの詳細はハワイ大学マノア校アウトリーチカレッジ授業登録担当やカウンセラーにお尋ねください。

Q. KCCの英語クラスのクラス分けテスト(Placement Test)に関して、KCCのクラス分けテスト以外に英検2級A判定合格相当の英語力が示せる試験結果があれば、ESOL 94に入れますか?

はい。必ず入れます。

Q. ハワイ大学マノア校やヒロ校、アメリカ本土の4年制大学へ編入を目指す場合、KCCのようなコミカレではLiberal Arts(リベラルアーツ)を学ぶと聞きましたが、リベラルアーツとは一体どんなものなのでしょうか?

まず、日本の大学とは違い、アメリカの大学において、専門教育を受ける前に、一般教育・一般教養を学ぶことが普通です。通常、最初の2年間は普遍性を理念とする教育を指します。それが一般教育・一般教養=Liberal Artsで、人文科学、社会科学、自然科学などの基礎科学を基本に総合科学、応用科学など、主題的なテーマを扱い勉強します。一般教育・一般教養は、幅広く物事を身につけ、それを深く人生に生かそうとする教養の概念にも通じ、人間のための基礎的、基本的な教育です。

詳細をまとめましたので、こちらをご確認ください。

Q. 留学生でも働ける方法があると聞きましたが、ハワイで働く(バイトする)ことは可能ですか?

学生ビザ(F-1)での就労はできませんが、KCCの学生になり、大学が認めれば週20時間までキャンパス内で働くことが可能です(クレジットプログラム以降)。時給は約$10(2020年現在)。KCCはハワイ大学機構の一つなので、他のキャンパスでも働くことが可能です(ハワイ大学マノア校のスターバックス等)。また、卒業後に職業訓練として OPT を使いキャンパス外で働くことができます。

Q. ハワイ州セーフトラベルズプログラム(Safe Travels Program)で、ドキュメント(書類)にPDFでハワイ州が指定する指定医療機関から発行された陰性証明書をアップロードすると思いますが、うまくいきません。

スマートフォン、モバイルデバイス、コンピューターでのスクリーンショット、またはテスト結果の写真をアップロードしても正しく認識されないようです。プリンタやスキャナーでPDFにし、アップロードする必要があるようです。

Q. KCC新入生奨学金制度の申込は、付属英語プログラム(IEP)への入学者も対象になるのでしょうか?

はい。なります。ただ、Fall 2021/Spring 2022に関しては、今のところ無さそうです。アップデート情報があれば、こちらでお知らせいたします。

Q. KCCの授業料と期間について、詳しく教えてください。

まず、入学基準英語試験の結果次第で、2種類の入学方法があります。「通常のクレジットプログラム」か「付属英語プログラム(IEP)」です。入学基準英語試験で英検2級A判定(同等の他の英語試験でも有効)以上取得出来た学生は、「通常のクレジットプログラム」〜スタート、入学基準英語試験の英検準2級(同等の他の英語試験でも有効)以上取得出来た学生は、「付属英語プログラム(IEP)」所謂条件付き入学〜スタートします。「通常のクレジットプログラム」は、$345/1単位(1学期間=約4ヶ月)ですが、「付属英語プログラム(IEP)」の場合、$4,555(1学期間=約4ヶ月)と決まっております。ちなみにKCCの学生ビザ(F-1)基本ルール(F-1 Student Visa Basics)で留学生は「最低12単位分の授業を登録しなけなければならない」と決まっております。

Q. 留学生が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンを受ける際、持ち物は?

(2021年4月22日現在)I-20 、パスポート、State ID、医療保険カードなどを持っていきましょう。

Q. 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンの種類は選べますか?

(2021年4月20日現在)はい。病院やCVSなどの薬局のサイトで予約する際、接種する日程と時間、予約タイミング次第で種類も選べるようです。

Q. 留学生は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンを無料で受けられますか?

(2021年4月22日現在)はい。2021年04月19日月曜日から、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンの接種は、すべての島で16歳以上のすべてのハワイ居住者が利用できるようになり、留学生でも打てます。こちらのサイトから予約が出来ます。当センターは、すでに留学生でも打っているという情報を得ています。病院やCVS/ロングスドラッグス、コストコ、セーフウェイ、ウォルグリーン、ウォルマートなどの薬局のサイトで住民の人と同じように予約できます。今現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンの接種は、学生自身の任意接種のため、接種方法や接種場所などを学生自身で探す必要があり、通っている学校は関与しません。

Q. 聴覚障がいがありますが、学部留学を希望しています。行ける大学はありますでしょうか。

当センター提携校であるハワイ大学カピオラニコミュニティカレッジ(KCC)はいかがでしょう。KCCには、Kapi’olani Deaf Center(カピオラニ聴覚障害センター)があります。聴覚障がいの学生のためのAmerican Sign Languageのサービスやノートテイカーサービスもあります。詳細は下記をご確認ください。

Q. KCCに1学期間(約4ヶ月)だけ通うことも出来ますか?

はい。出来ます。ただし、学生ビザを取得する必要があります。

Q. KCCに通う期間について、1カ月、3か月、6カ月などと選択は出来るのでしょうか?

いいえ。KCCは語学学校とは違い「大学」で、セメスター制(2学期制)ですので、入学時期は1月・5月・8月のいずれかと決まっており、通常学生ビザを取得し、最低1学期間(約4ヶ月)通う必要があります。ですので、期間としては「最低4ヶ月以上の留学」ということになります。

Q. KCCのLiberal Arts (一般教養・4年制大学編入プログラム)について詳しく知りたいです。

詳細をまとめましたので、こちらをご確認ください。

Q. 留学説明会に参加する際、Zoomのカメラはオンにしなければいけませんか?

いいえ。オフのままでも構いません。ただ、学校スタッフにご質問する際は、出来ればオンにしていただけると幸いです(強制ではありません)。また、オンにすることで、学校スタッフに顔を覚えてもらえるかもしれません。

Q. 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンに関して、ハワイ留学後、現地でワクチン接種義務化されますか?

2021年3月現在、ハワイでは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種は任意となっており、義務ではありません。

Q. 日本の外務省によると、2021年3月現在、ハワイは渡航レベル3にあたり、「渡航中止勧告」となっています。渡航レベルが1にならないとそもそも留学は難しいでしょうか?

外務省の渡航中止勧告はあくまで「勧告」なので、個人の渡航に関しての責任は個人にあります。当センターから実際にハワイへ渡航し、留学している学生はたくさんいます。

Q. KCCの2021年夏学期及び2021年秋学期に入学する新入生は、日本に居ながら受講出来ると聞きました。本当ですか?

(2021年5月16日現在)いいえ、出来ません。変更になりました。

通常KCCの新入生は、全員渡米し、学校に通える状況で入学するのですが、2021年夏学期及び2021年秋学期に入学する新入生は、入学基準英語試験(英語能力テスト)で付属英語プログラム(IEP: クラス名 ESOL50、52、IS54)の受講が必要な場合、新入生でも全てオンライン授業で受講可能になりました(オンラインの場合、IS54はありません)。結果、2021年夏学期及び2021年秋学期は特別に、日本からオンラインで全ての授業を受けられるため、入学しても渡米しない限り、学生ビザ(F-1)を取得する必要もありません。また、通常通り学生ビザ(F-1)を取得、渡米し、学校に通うことももちろん可能です。どちらにするかは学生自身で決められます。入学基準英語試験(英語能力テスト)で高いスコアを持ち、新入生としてすぐに通常のクレジットプログラム(正規の単位のあるクラス)を受講できる場合は、日本からオンラインでは受けられず、渡米しなければなりません。その場合、学生ビザ(F-1)取得が必要です。詳細はこちらです。

Q. 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンに関して、現地ハワイでの情報を教えてください。留学前もしくは滞在中、帰国時に義務となりますか?

2021年3月現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンについては、今現在留学前に接種する必要がありませんが、今後どうなるかはまだ誰にも分かりません。なんとも言えません。

Q. KCCの学生寮(ドミトリー)について教えてください。

KCCは学生寮(ドミトリー)はなく、KCCからの紹介はありませんので、当センターを通して滞在先を見つける必要があります。

Q. KCCの英語クラスやクラス分けテスト(Placement Test)に関して詳しく教えてください。

入学基準英語試験が英検2級A判定以上のIEP免除レベルで入学した場合、英語クラスに関して、ESOL 94という段階からのスタートになります。英語のクレジットプログラムである100レベルの授業(ESL 100 or ENG 100)を取るためには、ESOL 94で先生から合格通知をもらい且つ成績がCR+である方法とKCC内の Placement Test で100レベルを受講可能となる方法の2種類です。ESL 100とENG 100の違いについて、どちらも同じレベルで卒業に必要なクラスですが、ESL 100はより留学生向けで、ENG 100はネイティブ向けです。また、KCC卒業後アメリカ本土の大学に編入希望の場合、ENG 100の方が別の大学に単位移行しやすくなっております。

Placement Test は、基本的にKCCの図書館で受けられるAccuplacerという種類の Placement Test を受けますが、現在オンラインで受けられるEdReadyという Placement Test でも100レベルに決まれば、100レベルを受講可能ですが、その場合、ESL 100は受講出来ず、ENG 100のみになります。ESL 100を受講したい場合は、Accuplacer ESLという Placement Test を受けましょう。

Q. KCCのワクチン予防接種とTBに関して詳しく教えてください。

詳細を新しいページに作り直したので、こちらのページをご確認ください。接種要項やルールがかなり細かいので、よくお読みください。KCC医療保険でワクチン予防接種を受ける方法も記載してあります。

Q. 2021年度のKCC新入生奨学金制度に関して教えてください。

最近のKCC新入生奨学金制度は、秋学期と春学期のセットになっているもので、2021年2月現在、今年度(2021年秋学期+2022年春学期)のKCC新入生奨学金制度の発表は、まだありません。毎年6月頃に発表があるので、改めてお問い合わせください。

Q. 語学学校のプログラム修了後、一時帰国し、5ヶ月以上経っている場合は、学校からの新しいI-20の発行、再度SEVISを支払う必要はありますが、再度のF1ビザの取得は不要のように思うのですが、どう思いますか?

(2021年2月現在)インウェブアウト留学センターでは、直接在日アメリカ大使館に問い合わせた(2021年01月07日)ところ、下記のように回答がありました。「学生ビザ有効性は F-1 ビザは I-20 とSEVISのステータスによってそのビザをお使いいただけるかが決まります。」有効な学生ビザがあれば、新しい I-20 の発行、再度SEVIS Feeを支払う必要はありますが、再度の学生ビザ(F-1)の取得は不要のようです。詳細はこちらのページにも掲載しております。

※在日米国大使館及び領事館の学生ビザ(F-1)に関しての内容は、あくまでインウェブアウト留学センターが得た情報を掲載したまでです。記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、当センターは一切の責任を負いかねます。ご了承ください。疑問質問等がある場合は、直接ご自分で在日米国大使館及び領事館にお問い合わせしましょう。 

Q. ハワイ州セーフトラベルズプログラム(Safe Travels Program)で、留学生はプロフィール記入の際、Resident or Visitorで、どちらを選べば良いのですか?また、Traveler Home Address(旅行者の住所?)は、日本の住所ですか?それとも、ハワイの滞在先ですか?

(2021年2月現在)プロフィール記入のResident or Visitorでは、Visitor(訪問者)です。Traveler Home Addressは、日本の住所です。余談ですが、Trips(旅行情報)の入力では、ハワイの滞在先です。

Q. KCCの入学金や授業料の支払いでAmerican Expressのクレジットカードは使用出来ますか?

(2021年2月現在)いいえ、出来ません。使用可能なクレジットカードは、VISA、MasterCard、JCB、Diners Club、Discoverです。

Q. KCCの夏学期は短いようですが、夏学期に職業訓練コース(専攻:〇〇)で入学した場合卒業はいつになるのでしょうか。

Associate in Science(職業訓練コース)の〇〇を専攻するとしたら60-65単位なので、約2年〜2年半でしょう。理由として、フルタイムの学生(学生ビザ)は春学期、秋学期に最低12単位取る必要があります。最低12単位/学期×4学期=48単位ですが、12単位/学期以上取ることは可能ですし、2年間で夏学期は2回あり、そこでも単位を稼ぐことも出来ます。アメリカの大学は日本の大学と違い、学年のようなものはなく、自分が何単位取ったかで学年を位置付けることができますが、「何年生です」とはあまり言いませんし、そういう意味でいうと、周りと関係なく、自分が何単位取ったかで卒業の時期が見えてきます。

Q. KCCのIEP免除にするためのスコアはいつまでに取ればよいのでしょうか?

入学基準英語試験は、入学する学期の願書提出締切日までです。そして入学基準英語試験スコア以外を先に全て提出し、後から出すことも可能(その場合Conditional Acceptance Letterを発行出来ます=入学希望証明にもなります。)ですが、I-20 は、英語能力テストスコア提出後に発行されるため、ビザ取得時には必要となります。また、入学基準英語試験スコアは、入学日より2年以内に取得したスコアが有効です。

Q. 銀行残高証明書は何部必要ですか?

通常銀行残高証明書は、学校申し込み時とビザ面接時に必要になります。ビザ面接時には、ビザ面接日から3ヶ月以内の銀行残高証明書を取得しますが、学校申し込み時と面接日が近い場合は1回取得し、数部もらうと良いでしょう。

Q. 学生ビザは通常どれくらいの期間のビザを出されるものなのでしょうか?

学生ビザの期間は、面接官次第で、最大5年と言われておりますが、人によっては I-20 のプログラム期間だけの場合もあります。インウェブアウト留学センターのクライアントさんは比較的5年取得出来てる方が多いですね。私自身は、当時 I-20 のプログラム期間だけだったので、2年半でした。

Q. KCC卒業後、日本の大学に編入する場合、どのような大学がありますか?

  • 追手門学院大学
  • 神戸国際大学
  • 関東学院大学

インウェブアウト留学センターは、追手門学院大学をお勧めしております。KCC学長の推薦状、KCC卒業時のGPAが3.5以上で追手門学院大学入学金が免除され、3年生の授業料が免除されます。また、追手門学院大学3年生のGPA 3.2以上で4年生の学費も免除されます。

Q. KCC学生のベネフィットを教えてください。

  • @hawaii.edu ドメインアカウント使用可能
  • ほぼ全てのGoogle機能
  • Microsoft Office 365 A1無料
  • Google Drive 容量無制限
  • Microsoft One Drive 容量1TB
  • Zoom
    →複数人で40分の時間制限なく時間無制限で利用可能(一時的)
  • ハワイ大学専用VPN利用可能
  • McAfee Endpoint Security 無料ダウンロード(米国内のみ利用可能)
  • UH FileDrop
    →ファイル共有オンラインシステム:999MB/1ファイル
  • ハワイ大学URL短縮サービス
  • その他ハワイ大学コンピュータツール

Q. ハワイ事前検査プログラムのPCR検査について、オススメの病院や渡航までの流れを教えてください。

  • インウェブアウト留学センターでは、留学⽣が問題なく渡航出来るよう、ハワイ州保健局が指定する日本国内の医療機関の一つ、「Tケアクリニック浜松町」と提携し、渡航問題を解決し易く致しました。詳細は下記の画像リンクからご確認ください。

Q. 新入生でKCC医療保険の加入日より早く入国する場合、入国日〜加入日までの保険はどうすれば良いですか?

  • 民間の旅行保険に加入することをお勧めします。もしくは、KCC医療保険加入日から入国することを再検討してみるのもいいでしょう。KCC医療保険の加入義務に関しての詳細はこちらです。インウェブアウト留学センターでは、追加で民間の渡航前に加入出来る海外留学保険に加入することを強くお勧めします。理由として、KCCが提携するアメリカの医療保険では、治療費のみの保険カバーであることに加え、自己負担額が2割です。インウェブアウト留学センターは、業界最安値のジェイアイ傷害火災保険株式会社運営の「t@bihoたびほ」と契約致しました。下記の保険会社のウェブサイトよりオンラインで手続きが可能ですのでご利用下さい。

Q. 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、在日米国大使館及び領事館が学生ビザ(F-1)の面接を一時的に停止していると聞きました。どうしたらいいですか?


上記に関するお問い合わせは下記のリンクからお願いいたします。

これからもインウェブアウト留学センターをよろしくお願い申し上げます。


インウェブアウト留学センター
InWebOut Center for International Education
お問い合わせ

050-5806-2019

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です